セフレ投稿|高校の部活の後輩とセフレとしての付き合い

18歳未満は退出してください。

セフレ募集掲示板|セフレの作り方体験談
完全無料!セフレなんて楽々GET!登録100万人!簡単に出会えます
↓↓↓↓↓


俺は32歳の会社員です。今は彼女がいるのですが、高校の時の部活の後輩ともセフレとして付き合っています。
そいつとセフレになったきっかけは、出会い系サイトでした。そもそも俺の彼女はあんまりセックスが好きではなくて、その上フェラをしてくれないのが不満で、我慢できなくて、俺は出会い系サイトを使いました。そしたらいい女がいたので、会ってみたら、そいつはなんと高校の時の部活の後輩だったんです。顔立ちや雰囲気がほとんど変わってなかったので、会ってみてびっくりしました。あっちも俺を見てびっくりして、思わず帰りかけたのですが、俺が腕をつかんで引きとめたのです。それで近くの喫茶店でお茶を飲みながら話をしたんです。そうしたら、あっちも彼氏はいるけど、セックスが凄く下手で満足できなくて、それでこういう出会い系サイトを使ってセックスする相手を探してたんだそうです。だけど、俺はともかくそいつがそういうとこで男漁りをしてるのも良くないなと思って、それで、俺とセフレになってくれないかと頼んだんです。俺とセフレになって、時々セックスすれば、男漁りもしなくていいかなと思ったんです。そいつはびっくりしていましたが、それでも自分の身体を満足させてくれるのならと承諾してくれました。
それから俺はそいつと一緒にホテルに入りました。そいつはすごくフェラが上手くて、俺は気持ちよくてたまらなくなって、そいつの口にザーメンを出してしまいました。でもそいつはそれを美味そうに飲んでくれてうれしかったです。お返しにそいつのおまんこをクンニしてやりました。そいつはすごくいい声で喘いで、俺はつい2回もイかせてやりました。そのあと、俺はそいつのおまんこの中に俺のちんぽを入れてやりました。そいつは本当に気持ちよさそうによがってくれ、それを聞いてると俺もたまらなくなって、ちんぽの動きを止められず、おまんこの中に2発も出してしまいました。
そいつは俺のちんぽで満足してくれて、その後もセフレとして付き合ってくれています。これからも彼女とセフレを大事にしていきたいと思います。

32歳/会社員


【完全無料】Hなご近所さんを最速サーチ!

▽ 目次 ▽



  1. セフレ投稿|紹介から始まったセフレ関係

  2. セフレ投稿|騎乗位で足をM字にして、感じまくるセフレの美穂(28歳)

  3. セフレ投稿|愚息を気持ちよくしてくれるセフレとの関係

  4. セフレ投稿|若い大学生のピアニストのセフレ





セフレ投稿|紹介から始まったセフレ関係



ある日彼氏が欲しいという女の子を紹介され、ちょうど相手もいなかったので会うだけ会うことにしました。いざ会ってみるとあまり顔的にはタイプではありませんでしたが、体つきは非常に興奮できるほど良くて、これはなんとかものにしたいと思いました。しかし女の子の方が私に対して乗り気ではなくなったようで、初対面はあまり印象なく終わりました。
しばらくそのままだったのですが、ある日突然その子から連絡があって、急に会わないかと言われました。なんだか相当酔いもまわっているようで、もともと正直言えば体にしか興味のなかった私はチャンスが回ってきたと思い飛んで行きました。
案の定足元もおぼつかない中で、ほとんどデタラメに電話したらたまたま私につながってしまったようで、私が来たことに驚いていました。しかし来てしまったからには仕方ありません、終電もない時間だったので勢いだけでホテルへなんとか誘導しました。今から思えば強引なくらいだったと思います。
ホテルへ入ったらすぐに寝始めた彼女、そういう隙のある状態で事を進めるのは好きではないので起きるのを待っているうちに私も寝てしまって何もしないまま翌朝を迎えました。彼女にとってはそれが、わたしが紳士的な人間と勘違いするきっかけになってしまったらしく、そこからデートなどに誘われるようになりました。あくまで体目当ての私にとっては我慢の時期が続きました。ただ酔った時に隙ができるのは変わらぬままで、いつか手を出してやると思っていました。
とうとう我慢できず手を出す時には私が恋人になる気はさらさらないことはわかっていたようで、それ以来はセフレの関係です。割り切った関係というのは非常に便利なもので、やりたいときに呼び出してやるだけです。お金もかかりませんし、今では向こうから呼ばれることもあります。旅行などで遠出したりすることもありますが、誰にも知られずにそんな関係を続けれるのはいいことですね。



【完全無料】やりたい気持ちが二人を引き合わせる



△ 目次に戻る

セフレ投稿|騎乗位で足をM字にして、感じまくるセフレの美穂(28歳)




私には、出会い系サイトで知り合った美穂(28歳)というセフレがいます。


彼女とセフレの関係になったのは、出会い系サイトにある日記に私が、エッチなことを書いていたら、彼女、それが好きだったみたいで、ある日私に『あなたの日記、いつも読んでいます。』と
メールがあったのです。


これは、『もしかすると、エッチ出来るかも。』と思い、何度かメールのやり取りをしていると、イイ感じになったので、会うことに。


そして、会った日にエッチをしたのです。


その日は、食事をした後、カラオケに行きました。


食事の時に、少しお酒を飲んだことあり、カラオケでは、ボディタッチありの状況になり、途中からは、キスもOKに。


そうなると、我慢できなくなった私は、彼女に『ホテル行こう。』と誘うとうんと頷く彼女。


私、ヤッターと心の中で叫んでいました。


そして、ラブホテルでは、彼女の服を脱がせながらキスをしていると、彼女も私の体を触り始め、股間も。


さらに、キスをしながら、ズボンのファスナーを下ろし、パンツ越しにお○んぽを触り始めたのです。


そうなると、彼女のボルテージは上がる一方で、とうとう、しゃがみこんだ彼女は、ズボンとパンツを下ろし、フェラをしてくれました。


私に脱がさせて、上半身裸の彼女が、おっぱいを私に見せながら、しゃぶる姿は、たまりません。


そして、彼女は、しゃぶりながら私の方を見て、微笑んでくれるのです。


それが、とても可愛く、抱きしめたくなった私は、フェラの途中、彼女を立たせ、抱きしめキスをしました。


その後、ベッドに部屋に行き、彼女のスカートのピンクのパンティーを脱がし、全裸にすると、私も急いで全裸になり、二人で、ベッドイン。


まずは、私は、彼女の体中を舐めると、彼女から『はぁ〜ん。』と吐息が漏れ、その後、『ああああああ。いいい。』と喘ぎ声が出てきたのです。


次に、私は、彼女の股間に顔を埋めると、ピンク色で綺麗な形をしているお○んこを舐めてあげると
『あああああっ。いいい。いいいの〜。』と感じる彼女。


その声に興奮した私は、何度も舐め続けていると、彼女の様子が変わり、『あああああ、いきそう、いきそうなの。ああああ、いっちゃう〜。』と言って、『ジョロジョロ』と潮を吹いたのです。


その潮で私の顔はビジョビジョになりましたが、彼女は、そのビジョビジョ顔を舐めてくれました。


そして、正常位で挿入することになり、彼女のお○んこの中にお○んぽを入れると、彼女は、『あああああああ、いいいいい。入っている〜。』と言って、感じると、ガンガンに突いていると、さらに大きな声で、『いいいの〜。あああああああ。』と言って、感じまくるのです。


騎乗位では、彼女自身が足をM字にして、腰を振って、感じる姿は、とてもエロかったです。


その後もバックをして、感じまくった彼女は、フラフラ状態になり、『もう、ダメ、いきそう。』と言った時、私も出そうになったので、正常位に戻し、彼女の喘ぐ顔を見ながら、ザーメンを彼女の顔に出したのです。


すると、彼女は、ザーメンまみれになりながら、お掃除フェラをしてくれました。


とても気持ち良かったです。



その後、彼女とセフレとなって、今は、週1のペースで、エッチをしています。


彼女とセフレ募集掲示板で出会って、良かったと思います。


【完全無料】セフレ体験をしたいならこちら





△ 目次に戻る

セフレ投稿|愚息を気持ちよくしてくれるセフレとの関係



私は59歳で来年には定年を迎えます。家族は妻と娘夫婦と孫が2人います。
妻とはもう何年もセックスレスで、私の愚息を受け入れてもらえていません。なので、いまは2歳年下のセフレとのセックスで発散させています。
出会いのきっかけは、1人で飲みに行った時に、たまたま隣で彼女が1人で飲んでいたのが切っ掛けでした。彼女も旦那さんとセックスレスだそうで、飲みながらお互いの下半身事情について語り合っているうちに意気投合し、お互い酔った勢いでホテルに行き、そのまま事を致してしまいました。ですが、彼女は私の愚息を満足させてくれて、彼女の方も私の愚息で満足してくれたようで、それから月に2度ほどの割合で会ってセックスする関係になりました。
彼女と出会い、セフレになれた事で、自分で愚息を慰める割合が減って、女性の中で果てる事ができるようになり、とてもよかったです。また、彼女は中に出させてくれるので、私の愚息にも嬉しい事です。彼女も私というセフレが出来て、悶々とした身体を持て余さなくてよくなったと喜んでいます。お互いに満足できるのがセフレの強みだと思います。
彼女とセックスする時間は、その間だけは私は彼女の事だけを考えます。彼女もセックスの間だけは私を愛してくれています。私はもう年なので、1回に1発ほどしか出せませんが、その分手や口で彼女をたっぷり愛撫してやります。彼女は乳首とクリトリスが気持ちいいようで、そこを重点的に責めてやります。そうすると彼女は身悶えして私を求めてくるのですが、私はあえてそれを焦らしてやります。そうすると、愚息を入れた時のあそこの締りが違うのです。その状態にしてやると、彼女の方も喜んでくれます。また、彼女は終わった後も愚息を大事に握っていることが多いです。自分を満足させてくれる私の愚息が愛おしいんだそうです。それを見ていると、私も彼女のあそこをつい触ってしまいます。その時間がとても幸せなのです。
こんな相性のいい彼女との出会いがあった事に感謝し、これからもセフレとしての彼女を大事にしたいと思います。

59歳/会社員


【完全無料】大人の関係の募集はこちら




△ 目次に戻る

セフレ投稿|若い大学生のピアニストのセフレ



彼女の出会いは会社の事務員の女性が妊娠で休みが多くなってきて居ったので、求人情報誌に事務員の募集広告を掲載していたら、応募が有り面接を連絡し面談をしたらまだ大学の3年生で会社の事務所に大学も近くアルバイトとして採用し丁度夏休みに学校は休みで毎日事務所に来てもらうようになり、偶々私も現場が雨で休工となり朝から事務所で事務作業となり、大学生のバイトさんとゆっくりと事務所で雑談等を話す事は始めての事でした。
彼女は音大でピアノ科でピアノを弾くアルバイトも探していると考えが雑談の中で漏れて判りましたので、良かったら直営のクラブで夜ピアノ演奏のアルバイトもしないかと話をしたら、是非働かして欲しいと言われその日に少し早目に事務所は閉めて店の方に彼女を一緒に連れて、店に行きピアノ演奏のレベルの為に色々な曲を演奏させ一応プロシンガーの演奏ができるレベルと判断し、他にも在籍しているピアニストもいるので、シフトでアルバイトして貰う話をしたら毎日アルバイトをしたいと言われ、キャッシャーを私がしているのでなんでも有りのアルバイトをして貰うことになりました。
帰りの交通機関がなく私が毎日の送りキャシャールームとドレッシングルームが同じ部屋になっており店の女の子とか、シンガーの女の子は私の前で平気で裸になって着替え等もしている所にも彼女も見ていまして、慣れてきていたころにお客様からドリンクのプレゼントがありところが、シャンパンをロングスカートに溢してしまい、急遽替えのスカートが超ミニしか無くそれを履いて一日仕事ですが、ピアノ演奏をしている時は私の目線の前にパンティーが丸見えと薄いパンティーなので局部の割れ目もくっきり丸見え、彼女もそれが判って居る様で45分間の演奏時間で濡れてきてまるで視姦状態、演奏が終わってキャッシャルームに戻ると彼女にパンティーべちょべちょに濡れているのではと話をしたら、うつむき加減にはいと返事がありましたので、キャスト用の予備ストックしているパンティと履き替えさせて、帰りを送って行く途中信号待ちすると行き成り抱き着いてきてキスをしてきました。
そのまま成り行きでラブホに行きそれ以降セフレとして付き合いもするようになりました。

【完全無料】「愛よりSEX」が好きなのは当たり前っ!



△ 目次に戻る