セフレ募集掲示板を利用してセフレを作った体験談。です。セフレの作り方体験談を掲載していますよ!

セフレゲット|合コンで童顔巨乳のセフレゲット
18歳未満は退出してください。

セフレゲット|合コンで童顔巨乳のセフレゲット

完全無料!エッチ友はこちら

↓↓↓↓↓


今のセフレと出会ったのは専門学校に通っていた時に友人が主催した合コンが切っ掛けでした。たまたま席が隣になった童顔、巨乳の大人しい女の子が今のセフレです。


二次会のカラオケも終わりそれぞれが何となくいい感じのカップルが出来上がっていたのでバラバラに解散する事になりました。私は今のセフレと駅に向かい歩き始めました。私が「これからどうする?」と聞くと「え、あの…お任せします。」と言うので「そうか。まだ飲む?」と聞くと「任せます。」としか言いませんでした。だんだんイライラしてきた私は「何かしたいことないの?」ときつめに言うと「すみません。」と俯き黙りました。


「じゃ、お前んち行ってもいい?」と聞くと「え、家ですか?」と聞き返してきたので「一人暮らしだって言ってたじゃん。いい?行っても?」と言うと「あの…家は…」と曖昧な答えをしたので「いいの?ダメなの?」と聞くと「ダメではないですけど…」と言ったので「じゃ、決定。行こ。」と肩を抱いて電車に乗り込みました。2駅行った所で電車を降り歩くこと数分で女のアパートに着きました。


「おじゃましまーす。」と言ってズカズカと上がり込み女のベッドに座りました。女は「あの、何か飲みますか?」と言って冷蔵庫に手を掛けたので音も無く後ろから近寄り抱きしめました。その時、女が「ビクッ」としたのを感じました。女の顔を私の方に向かせてキスをしました。「ぎゅっ」と目を閉じている顔が印象的でした。その後、目を見つめて「いい?」と聞くと「はい。」と頷いたので彼女を全裸にました。「シャワー…」と言っている女をベッドに連れて行き大きな胸に顔を埋めると「あん」と可愛い声を出しました。私は彼女の全身を優しく舐め上げた後にフェラを要求しました。ぎこちない舌使いが私をさらに興奮させました。


「ゴムないけどいいよね?」と聞くと「中は…」と女が言うので「大丈夫、大丈夫。」と窘めるように行った後に挿入しました。私が腰を動かすたびに揺れる大きな胸を鷲掴みにしながら激しく動き、お腹に放出しました。


一回体を許せば後は簡単でした。連絡をすればいつでもセックスさせてくれるセフレの出来上がりです。今では躊躇なく私のケツ穴に舌を入れてくるまでになりました。自慢の胸を使ったパイズリ&フェラは風俗嬢も顔負けではないでしょうか。彼女が私の事をどう思っているのかは知りませんがまだ暫くは楽しませてもらいます。こんなセフレとの出会いを提供してくれた友人に感謝です。



【完全無料】セフレ体験をしたいならこちら



▽ 目次 ▽


  1. セフレゲット|同僚とのいけない関係
  2. セフレゲット|コンビニ通いで生まれた大人のお付き合い
  3. セフレゲット|私のセフレ。習字の先生、昼はお淑やかだが夜は別人

 

セフレゲット|同僚とのいけない関係



彼女は会社の同僚です。今33歳です。


新人の頃から同じ部署で出会い、それからずっと同じ部署です。

美人でサバサバしているのでおやじキラーと言われていました。

ですがなぜか結婚はせずにいるようです。

周りからもセクハラ気味に「なんで結婚しないの?出会いがないのか?」と言われたりしていますが、うまくはぐらかしています。


私も彼女が新人の頃に指導をしていて、10歳離れていましたが彼女は歳の差を感じさせないほど話しが合いました。

2人で飲みに行くこともあり、出会いが少ないことも愚痴のように聞ける先輩後輩の関係です。

美人ですがべろべろに酔っ払って同僚に連れて帰ってもらったり、そういう彼女の隙のある姿に少し惹かれている部分はありました。

ただ私の方もその間に結婚をし、今5年目を迎えています。


私の方もついこの前までは普通の先輩後輩の関係でしたが、ある出来事をきっかけに思ってもいない関係に進みました。


ある日のことです。

彼女と仕事帰りでばったり会いました。

彼女は疲れているようでした。

元気付けるのに飲みに行くことにしました。


飲んでいる中でも彼女はどこか気が晴れない様子。

「話してみな」というと彼女は泣きそうになっていました。

客先で良くしてもらっていた部長に怒られることがあり、結婚のことをセクハラのように言われたようです。

「失敗したのと結婚なんて全く関係ないじゃん」私も腹立たしくなってきました。

それからは彼女を元気付けるためにストレス発散できる場所で遊んだりしました。

最後にバーで飲み直すことになり、彼女は酔っていました。「今日一緒にいてくれませんか?」


彼女は1人暮らしなので家に行きます。

部屋に着くなり彼女は私に身を寄せてきます。

32になっても最初に会った頃となんら変わらない魅力的な彼女の身体に私の欲望は勝てませんでした。

服を脱がすと白い身体があらわに。

最初から欲望を抑えられず彼女の中を激しく突き続けました。

彼女も久しぶりだったようで、前戯も無かった私に夢中になりながら私の物を求めてきます。

セックスが終わると彼女は「不倫をするつもりはないんです」「でもたまにこうして抱いてください」

こうして彼女とはセフレの関係になりました。

私も不倫よりもセフレの関係の方が彼女を傷つけないとわかっていました。


彼女とは昼は仕事の先輩後輩の関係、夜は身体を求め合うセフレになりました。

彼女はこういう関係になっても仕事は同じようにサバサバして私に接しています。

でも仕事で変わらないサバサバ感を感じ、夜は彼女の寂しい身体を抱き大きな喘ぎ声を聞くとたまらなく興奮します。

今彼女とは最高の大人の関係が続いています。


43歳 会社員



【完全無料】エッチがしたい!近所で探すエッチ相手





△ 目次に戻る

 

セフレゲット|コンビニ通いで生まれた大人のお付き合い


30歳を越えても独身で一人暮らし。

OLと聞けば聞こえはいいかも知れませんが、会社と自宅の往復の毎日では異性との出会いなんて全くありません。

でも、そんな生活を何年も続けていれば、出会のない日常が普通になってくるものですね。

残業をして家に帰ると夜の10時前。そんな時間から自分の夕食のための自炊なんてほとんどしません。

いつも近くのコンビニ弁当で夕食を済ませてしまいます。

最近のコンビニではポットを置いてくれている所もあるので、時にはインスタントラーメンを買ってイートインコーナーで食べたりしていました。

そんな毎日ですから、職場で仲がいい男性はいても職場での付き合いで終わってしまい、セフレすらいません。

体の内面の欲求はもちろんありますが、こんな状態ですから自分でなんとかするしかありませんでした。

ある日、いつものようにコンビニでお弁当を買って温めてもらうと店員さんが声をかけてきました。

『こんなのばかり食べていたら栄養が偏ってしまいますよ!』

毎日のように遅い時間にお弁当を買いにくる私を店員さんも覚えていたようです。

『そうとは思うんですけどね、一人分の食事を作るのも面倒ですしね。』

そう言って帰ろうとすると、『家はどちらですか?』と聞かれました。

『すぐそこの、茶色い壁のマンションです。』と答えると、『俺と同じマンションですね!もう少しで仕事が終わるので、よかったら待っていてくださいよ!』と言われました。

私はイートインコーナーでお弁当を食べながら待っていました。

店員さんの仕事が終わり、マンションに一緒に帰りました。

“夜道を男性と二人きりで歩くことなんて今まであったかな?もしかして神様がくれた新しい出会い!?”

そんな事を考えながら歩いていると、体の中の欲求がウズウズしてきました。

『私、明日は休みなんですが、良かったらウチに遊びに来ませんか?来てくださったら久しぶりに料理をしてみます。』と、誘ってみました。

『明日は僕もオフなんですよ。じゃあ、このままあなたの部屋に行きましょう。』と、彼は私の部屋に来ました。

“こんな時間に私の部屋に男性と二人・・・”そう考えただけで興奮してしまいます。

お茶を出そうとお湯を沸かしていると、『だいぶん欲求不満のようだね。キスフレもセフレもいないの?』と彼が言いました。

何の事かと思うと、彼は私のベッドルームのおもちゃを見つけてしまったようでした。

『あっ、それは・・・』と言葉につまりましたが、隠しようがありません。

『こんなの使わなくても、いい思いさせてあげるよ。』と、彼は私を押し倒し、服を脱がせました。

体中を這う彼の指、勢いよく胸にしゃぶりつく彼の唇、暖かな男性の肌、遠い昔に数回だけ経験した記憶が頭の中をグルグルしていました。

『どう?気持ちいいでしょ。俺、彼女いるからセフレとしてでよければいつでも付き合うよ。』そう言いながら何度も私をいかしてくれました。

体がこんなに熱く満足したのって始めてかも?そんな事を考えてしまいました。そして、

38歳になった今も私は独身です。

OLもまだ続けています。

彼とのセフレの関係は今も続いています。

 

【完全無料】やりたい気持ちが二人を引き合わせる





△ 目次に戻る

 

セフレゲット|私のセフレ。習字の先生、昼はお淑やかだが夜は別人


私は飲みに行くのが好き。1人でスナックに行きます。出会いが目的ではないですが、出会いを否定はしません。

良い機会があればセフレにしたい。男なら誰しも思う。なかなか現実にはならない。その日スナックのカウンター席に40位の美人が1人。静かに飲んでいる、私は隣に。2人の出会い。その日はお互い何も話さず帰る。次の週に再会。飲みながら世間話。此の美人は習字を教えてる、子供たちに。上品でお淑やか。

お酒もかなりいけそうで、ボトルをキープし週に一度この店に来る。

この美人はバツイチで子供さんが1人。女1人で頑張っている。

家は私の家と同じ町内とわかったので、帰りはタクシーを呼び彼女を送りました。タクシーで彼女は私の太ももを両手でタッチ。

私の事が好きなような素振り。ホテルに直行は品が無いので次の約束をして別れました。

約束の日は車で海岸に遠乗り。今日は大丈夫とホテルへ。

ホテルで人が変わったように大胆になり、自分から服を脱ぎ捨てる。

黒のガーターベルトに黒のパンティ。大人のオンナだ。

一緒にシャワーを浴びてる時に、彼女の手を私のそそり立つ物に誘導してやる。しっかしにぎりしめ、「外人並み、入らない!」。

ベットまでお姫様だっこ。ベットに横たえ、唇から下に時間をかけ、私の唇を運ぶ。小柄ながら、身体のメリハリはシッカリして、凹凸がある。オッパイは年齢には見えない様なハリがある。ゆっくりと唇を移動して待望の秘部にと向かう。

黒の艶めかしいパンティを静かに、少しずつずらしてベットの角に投げる。秘部を避けながら全身を愛撫。昼間と全く別人に成り果てた彼女。

恥ずかしい程のいやらしい声。「そこ、そこ、そこもっと!」

焦らしに焦らしてから秘部を攻略した。手と唇で、かき回す。

ついに歓喜の声。orgasmに達した!

「勲さん、太くて硬いの早く入れて!」と懇願。最後に太くて硬い物をまたじらせながら、挿入。今度は2人て果てた。

抜き去ると彼女の秘部から、白い液体か流れるのが見えました。

私のセフレとの出会い、ゲットしたお話し。それからは旅行先で

月に一度は燃えてます。

45歳。自営業。



【完全無料】愛よりエッチ友募集はこちら




△ 目次に戻る




Copyright (c) 2014 セフレ募集掲示板|セフレの作り方体験談 All rights reserved.